降圧食品」カテゴリーアーカイブ

高血圧 酢 が効く 醤油の代わりに 酢 を使う

高血圧 酢 が効く 醤油の代わりに 酢 を使うのがおすすめです。高血圧対策に減塩は欠かせませんが、どうしても醤油をかけるくせが修正できない人がいるのですが、醤油を酢に代替することで一発解決です。酢には塩分が含まれませんからどばどぱかけても問題なしです。さらに、酢を血圧を下げる作用が認められています。

高血圧 酢 が効く

高血圧 酢 が効く

高血圧 酢 が効く

何にでも醤油をかける習慣からなかなか抜け出せない人は、醤油の代わりに酢を使ってみてはどうでしょう。酢は塩分を含まない調味料です(寿司酢など塩分を含むものもある)。

野菜のおひたしや冷や奴(豆腐)、納豆などに醤油の代わりに酢をかけるのです。それによって、塩分を減らすことができます。酢には合成酢と醸造酢があります。合成酢は値段が安いのですが、酸味がきついので、醤油代わりにはあまり向きません。これに対して、醸造酢は酸味以外のうま味成分を含んでいるので、素材の凍を引き立ておいしく食ヾられます。

食酢ランキング

よく知られている醸造酢に黒酢があります。またヨーロッパで使われているバルサミコ酢(ぶどう酢) なども、コクと風味のある醸造酢です。

最近ではスーパーなどで簡単に手に入るようになりました。また玄米酢や、リンゴ酢などの果実酢も、独特な風味を持っています。

自分の好みに合った酢が見つかれば、飽きずに長く続けることができるでしょう。さくさん酢には高血圧を直接的に改善する働きもあります。

酢の主成分の酢酸は、細胞にとり込まれてエネルギーとして使われ、アデノシンという物質を放出します。アデノシンには血管拡張作用があり、これによって血圧が下がると考えられています。

また酢にはコレステロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑えたり、内臓脂肪を減らしたりする働きがあるというデータも発表されています。塩分を減らすと同時に、血管によい働きをする酢を上手に利用しましょう。

酢 血圧 を下げる天然の降圧剤

降圧食品

血圧 下げる 食事 はよく噛んで食べる

血圧 下げる 食事 はよく噛んで食べることがとても大切です。よく噛んで食べることにより血圧が下がり安定する効果について紹介します。また、降圧剤を使わずに血圧を下げる場合、食事はとても重要です。

血圧 下げる 食事

血圧 下げる 食事

血圧 下げる 食事

空腹だと、ご飯をかき込むように食べがちですが、早食いは食べすぎの原因になります。肥満で高血圧や糖尿病、脂質異常症と診断されている人は、早食いを改めれば食べすぎが防げます。

忙しい現代人は、食事時間がしっかり確保できずに食べる時間を惜しんで仕事に向かう人も多いかもしれませんが、なんとか食事時間を確保できるよう願っています。

早食いしてしまう要因のひとつには感謝の念が薄れていることが原因です。人の体は食べたものでできています。食べ物に対する感謝の念があれば、粗末な食べ方はできないはず。

よく味わって食べれば、おのずとゆっくり食べられるようになります。ゆっくり食べるためには、よく噛んで食べなければなりません。私の場合は 30 回以上を心がけていますが、まずは噛むことをしっかり意識することが大切です。そして食事は味わって食べる噛む回数を増やすようにしましょう。

食べ始めてから、脳の満腹中枢が刺激されるには 20 分以上かかるといわれています。早食いの人は 10 分とか、もっと早い人では 5 分ぐらいで食事を終えてしまいますが、これではいくら食べてもお腹いっぱいになりません。

よく噛んでゆっくり食べれば、食事をしている間に血糖値が上がってきて、満腹中将が刺激されるので、食べすぎを防げるのです。とはいえ、長年の習慣というのはなかなか変えられません。

ゆっくり良く噛んで食べるためのアイテム 箸置き

しかしちょっとした工夫で、ゆっくり食べられるようになります。まず、ひと口食べたら箸を置く習慣をつくることです。箸を持ったまま食べ続けると、なかなか早食いは改まりません。そこで役立つのが箸置きです。外食でも箸置きを出す店は、ちょっとレベルの高い店です。

一方、大衆的な店では箸置きはあまり出さないと思います。これは箸置きを出すとゆっくり食べるために、店の回転が悪くなるからではないかと私は思っています。

自宅でも箸置きを使うようにすれば、ひと口食べるたびに箸を置く習慣が身につきます。また噛む習慣も身につきます。ひと口食べたら、箸を置いて、その間に 30 回噛むようにしてみてください。

自然とゆっくり食べられるようになります。箸置きを使うと、食べ方も上品になります。マイ箸ならぬマイ箸置きを持ち歩くようにすれば、箸置きを出さない店でも、ゆっくり食べられます。箸置きを使わずに、ゆっくり食べる方法として、利き手だけを使って食べるという方法があります。

右利きの人なら右手だけで食べるのです。これだとご飯茶碗を左手で持って、かき込むことができません。また具を食べながら味噌汁をすすることもできません。自然にゆっくり食べられるようになります。

箸置き

ちなみに、器を持ち上げる文化は日本独特のものです。お隣の韓国では器を持ち上げずにご飯を食べます。

日本では行儀が悪いと思う人もいるので、片手だけで食べるのは自宅だけにしたほうがよいかもしれませんが、ゆっくり食べるクセをつけるには、効果のある方法です。ゆっくり食べる習慣が身につけば、今まで食べていた量の 1 〜 2 割は簡単に減らせるようになります。それによって、肥満の人は体重が減ってきます。

際に体重が減っているかどうかを確認するため、体重計に載ることはよいことです。ぐうたら流の体重測定ですから、記録までつける必要はありません。前回よりも体重が増えているか、同じであるか、減っているかだけをチェックします。順調に減っていれば、このまま続けようというモチベーションが高まります。体重が増えていれば早食いに戻っていないかどうか、自分の食べ方を観察してみましょう。

酢 玉ねぎ 血圧 がさがった は『 酢玉ねぎ 』で血圧が下がった体験談を紹介しています。

降圧食品

柿酢 血圧 下げる 昔ながら の 製造方法 にこだわった 「 ももとせ 柿酢 」

柿酢 血圧 下げる 昔ながら の 製造方法 にこだわった 「 ももとせ 柿酢 」の紹介です。

ももとせ 柿酢 の 効果 は、すぐに感じました。私が柿酢を飲みだしてから1週間後には、30代からの悩みだった体のだるさがなくなったのです。それまで、朝起きるのもつらいことがよくありましたが、柿酢を飲みだすと、毎朝スッキリとさわやかに目覚め、起きるのもつらくなくなったのです。

柿酢 血圧 下げる で田舎のお袋を思い出した ももとせ 柿酢

柿酢 血圧 下げる ももとせ 柿酢

柿酢 血圧 下げる ももとせ 柿酢

私は、岐阜県に住む44歳の主婦です。 実家では、母が柿酢を手作りしていました。岐阜県といえば、昔富有という種類の柿の産地として有名で、生産量も和歌山県・奈良県・福岡県に次いで第4位です。

日本各地の柿の特産地域ては、柿から酢を作る習慣がかなり古くからあったようです。昨年の秋、店頭に並んだ柿酢の市販品(ももとせ 柿酢)を見つけました。

これを見ると、母を思い出して、懐かしさでいっぱいになりました。「母は若いころから病気知らずで、80歳になった今でもとても若々しいのです。母は毎日、朝食の時に柿酢を飲んでいたから元気だったんだなと昔を思い出し、私も飲んでみようと思いました。

私は血圧が高めで、そのせいか体のだるさに悩まされていました。そこで、コップに4分の1~5分の1程度の柿酢にハチミツを足したものを水で薄めて、毎日1杯ずつ飲みはじめました。

「ももとせ 柿酢」は製法にこだわっているようでしたが、実際に飲んでみると、口当たりも香りもよく、母の作っていたものとほとんど同じでした。

子供のころはすっばいのであまり飲んでいませんでしたが、それでも約20年ぶりの味わいに、再び懐かしがこみあげてきました。

柿酢効果のおかげでだるさがよくなり血圧も下がった

柿酢の効果は、すぐに感じました。私が柿酢を飲みだしてから1週間後には、30代からの悩みだった体のだるさがなくなったのです。それまで、朝起きるのもつらいことがよくありましたが、柿酢を飲みだすと、毎朝スッキリとさわやかに目覚め、起きるのもつらくなくなったのです。

これはすごいと思い、さらに柿酢を飲みつづけました。そして、20日後くらいには、血圧を測定してみると、140あった最大血圧が120まで低下していたのです。

驚くことに、体重まで、約1.5 kgも減少していました

体の調子がよくなったので、食事がおいしくなり、つい食べる量も増えてしまいました。でも、体重は全く増えないのが不思議です。

また、同居している主人の母が糖尿病にかかっているので、柿酢をすすめてみました。すると、だんだんと血糖値がゆるやかに下がってきたといいます。

私や母親の柿酢の効果を自分で体験してから、主人や子供たちも蓼酢を毎朝飲むようになりました。おかげで、柿酢を買ってきてもすぐになくなってしまいます。みんなで元気に健康になりたいと思います。

昔ながらの製造方法 株式会社源齋(ゲンサイ)の柿酢 ももとせ 柿酢

ももとせ柿酢

ももとせ柿酢

降圧食品

玉ねぎの皮茶 血圧 下がった 翌日に 血圧 が下がり 今では 120 台

玉ねぎの皮茶 血圧 下がった 翌日に 血圧 が下がり 今では 120 台 になったので紹介させてください。翌日というのは本当にできすぎですが、翌日にいったん下がり次の日はリバウンドというか少し高くなってそれからゆっくり下がって現在は正常化できました。できれば降圧剤を使わずに高い血圧を下げられたらなぁ~と思っていました。

玉ねぎの皮茶 血圧 下がった 玉ねぎの皮茶 おかげで日常的に悩まされていた 頭痛 動悸 肩 と 首 の こり などの症状も 消失

玉ねぎの皮茶 血圧 下がった

玉ねぎの皮茶 血圧 下がった

血圧が高いことを除けば特に大病もせず、まぁ 80 代の今まで元気に働いてきました。自分でも健康には自信がありました。年をとってくると、この血圧のことが気になって仕方ありません。血圧が高いと心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが大きくなるので、心配していました。

私たち年寄りの一番の心配ごとは心筋梗塞 脳梗塞 などの麻痺が残ってひとりで生活できなくなることです。多くの私たちの年代に共通することだと思います。なんとか自力で生活を送るためには高い血圧はリスクでしかありません。

今後もまだばりばり仕事を続けたい私は、血圧が高いという事実が気になっていました。頭痛や動悸も血圧が下がれば治まるだろう?と思っていましたが特に血圧を下げるために何か努力しているというわけではありませんでした。

酒もタバコもたしなみ、運動はやらないので、いつか怖い目に会うかもと家内と話していたのです。そんなとき、たまたま出会った漢方の先生に、玉ねぎの皮を煮出して飲むとよいと教えられました。

玉ねぎが血液をサラサラにすることはよく知られていますが、実はいつも捨てている茶色い皮の方が、もっと血をサラサラにする成分を多く含んでいるのだそうです。

玉ねぎの皮には数千種類あるポリフェノールの中でも著名な「ケルセチン」が豊富です。(皮には、なんと可食部の約30倍も含まれているそうです。)

 

飲んでみると不思議と血圧が下がり、喜んでおりましたが、なかなか玉ねぎの皮を集めることができず、それっきりになっていました。煮出すということはかなりの量の玉ねぎの皮が必要ですから。

すると最近、また血圧が上がって、同時に頭痛と首・肩のこりがひどくなって不快な思いをしていたところ、玉ねぎの皮のお茶 「 さらさら玉ねぎ茶 」 を知りました。あの漢方の先生の話を思い出し、よし、これなら続けられそうだと、毎日 1 杯飲むことを決めました。

そのころ、普段の血圧は 170 台ほどでしたが、玉ねぎの皮のお茶  「さらさら玉ねぎ茶 」 を飲んだ翌日には、スパッと 140 台にまで下降。数日後には、130 台程度にまで下がったのです。

おもしろいように下がるので毎朝、飲むのも励みになりました。血圧を測定するのが楽しみになってしまいました。たまねぎ茶 を飲むとなんだかほっとする味わいで体に染みいる感じがとても気に入りました。普段から食べている たまねぎ にこれほどの効果があったとは驚きでした。

現在では、血圧は平均して 120 ~ 125 に下がって安定しています。頭痛や首・肩のこりはもちろん、動悸や胸のちょっとした痛み、立ちくらみもすっかりなくなりました。血圧が高いとやっぱり疲れやすさもかなりあったのだと今、わかります。

玉ねぎの皮茶を友人にも紹介したところ、同様に喜んでくれているようで何よりです。私の感覚では、飲めば飲むほど効いてくるようです。このお茶のおかげでまだまだ現役で働き、長生きもできそうで大感謝です。心配ごとだった高血圧が解消されてとても嬉しいです。

ちなみに、たまねぎ皮粉末はカフェインを含みませんので、小さなお子さんや妊婦さんでもお召し上がりいただけます。

降圧食品

発酵黒豆エキス 血圧 を 下げて脳梗塞心筋梗塞の予防 も万全

発酵黒豆エキス 血圧 を下げて脳梗塞心筋梗塞の予防 も万全 に関する情報です。発酵黒豆エキス は 血圧を下げる成分 黒豆 と 酢 を合わせた エキス ですが 1 日におちょこ 1 杯 飲めば OK です。発酵 黒豆 エキス が血圧を下げてくれるのには医学的な理由がちゃんとあります。そんな降圧効果について紹介します。

数多い有効成分の相乗効果で 発酵黒豆エキス 血圧 下がる

酵黒豆エキス 血圧

酵黒豆エキス 血圧

現在、多くの人の健康を脅かしている症状が「高血圧」です。実際、日本国内で高血圧症になっている人は約 3500 万人ともいわれ、これは日本人のおよそ 2.4 人に 1 人に当たります。2 人に 1 人という数値は異常です。国民病とも言えます。

高血圧を放っておけば、血管の壁がしだいに厚く硬化して、動脈硬化を発症します。そして、血栓(血の塊)ができやすくなって、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気の引き金となるのです。

そんな高血圧に悩む人にお勧めしたいのが「 発酵 黒豆 エキス 」です。では、このエキスを飲用すると、どうして血圧がさがり、予防・改善できるのでしょう。

血圧は、いくつもの調整機構の影響を受けています。そのなかで、血管の収縮にかかわっているのが、アンジオテンシン変換酵素(ACE)です。この酵素の働きを阻害すれば、血管が広がりやすくなり、血圧が下がります。

また、エキスに含まれる数多くの有効成分の相乗効果によっても、血圧が降下します。まず、黒豆に豊富に含まれるリノール酸やリノレン酸は、体内に入るとプロスタグランジンという物質に変わります。

このプロスタグランジンが血液を浄化し、イソフラボンやサポニンなどの成分とともに、血液をサラサラにするので、血圧が下がります。

また、ビタミンE は血管を広げ、カリウムには高血圧を助長する過剰な塩分を体外に排出し、血圧を下げる働きがあります。いわゆる抗酸化ビタミンと呼ばれます。

ビタミンE を多く含む食品

ミネラルのカルシウムやマグネシウムには、血管の筋肉をしなやかにする作用があります。そのため、血管が広がりやすくなり、血流が改善。サラサラ血になります。

そして、黒豆の皮に含まれるポリフェノール(色素成分)の一種であるアントシアニンには、体内の活性酸素を強力に除去する働きがあります。その結果、傷んだ毛細血管にしなやかさが戻り、高血圧や動脈硬化の予防・改善に効果を発揮するのです。

加えて、アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。そのアミノ酸が、発酵黒豆エキスには、一般の黒酢の2倍以上も含まれており、代謝を活発にします。たんばく質が分解される過程で作り出されるアミノ酸の一種ペプチドにも、血圧の上昇を防ぐ働きがあります。このように、発酵黒豆エキスは、血圧の正常化に多大な効果をもたらしてくれるのです。

降圧食品

実際に 発酵 黒豆エキス で血圧が下がった 方々の貴重な 体験談 はこちらです。多くの方が発酵黒豆エキス 血圧 正常化しています。