動脈硬化の原因になる血液ドロドロを改善するにはアマニ油+納豆が最適

ドロドロ血液に有効な納豆の成分

血圧の上昇を招きやすい高血圧体質の2番目にあげられるのは、「血液ドロドロ体質」です。ちなみに1番目は、血流不足です。血液ドロドロ体質とは、血液中に悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が過剰に増えて、動脈硬化や血栓(血液の塊)が生じやすい体質といえます。

健康診断で高悪玉コレステロールや高中性脂肪、メタポリックシンドロームを指摘されている人は、すでに血液ドロドロ体質に陥っており、血圧がいつ上昇してもおかしくない状態と考えて、注意すべきでしょう。

ところで今、血液ドロドロ体質を改善に導くとして、がぜん注目を集めている二大食品があります。それは、「納豆」と「アマニ油」です。

納豆が血液をサラサラにしてくれる特効食であることは、周知のとおりです。

まず、納豆のネバネバの糸には、血栓を溶かして血液をサラサラに保つナットウキナーゼという酵素(化学反応を助ける物質)が含まれています。
ナットウキナーゼの効能、効果はこちら。

また、納豆には、悪玉コレステロール減らしや中性脂肪減らしに卓効のある大豆たんばくも豊富です。

さらに、女性ホルモンに似た働きで、悪玉コレステロールの増加や血圧の上昇を抑え、動脈硬化を防いでくれるイソフラボンも多く含まれています。

この納豆を毎日の食事で積極的に食べていれば、血液ドロドロ体質の改善に役立ち、血圧の上昇を抑える優れた効果も期待できます。

動脈硬化を防ぐ脂肪酸が多いアマニ油

納豆を食べるときに、その血液サラサラ効果を最大限に高める工夫として、ぜひ試してほしいのが、アマニ油を納豆に少量加えることです。

アマニとは、和名で亜麻、英名でフラツクスと呼ばれるアマ科の一年草の種子で、漢字ではアマニ「亜麻仁」と表します。その種子から搾られたのがアマニ油で、江戸時代までは日本でも食用油として利用されていましたが、しだいに安価なナタネ油に押されて影の薄い存在になりました。

そのアマニ油が、近年の健康志向の高まりにより、再び脚光を浴びています。例えば、米国厚生省(HSS)は、増えすぎた悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、高い血圧を下げる機能性食品として、「ヘルシーピープル2000」の中でアマニを推奨しています。

このようにアマニが注目されはじめた背景には、脂肪酸の問題が見逃せません。私たちが日常的にとっているナタネ油や大豆油、コーン油には、リノール酸という脂肪酸が多く含まれています。

実は、このリノール酸のとりすぎが、動脈硬化の進行や心臓病の発生を招く重大原因として、問題視されているのです。そんなリノール酸のとりすぎの害を打ち消して、動脈硬化や心臓病を防ぐのに役立つ脂肪酸として摂取を推奨されているのアルファが、アマニ油に多いαリノレン酸という必須脂肪酸(体内で合成できない脂肪酸)です。実際にαリノレン酸にはすでに、血管や血液を若返らせる数多くの作用が認められています。

納豆とアマニ油の組み合わせは最高

高血圧やドロドロ血液体質を改善させたい人は、栄養バランスのいい食事と適度な運動を心がけるとともに、納豆にアマ油をかけた「アマニ納豆」を1パック日食べればいいでしょう。1パック(約50グラム)の納豆に小さじ1~2杯のアマニ油をかけ↓のが、適量と考えられます。アマニ油をかけると、納豆」コクが加わっておいしくなるので、おすすめです。

アマ二納豆は、夕食時に食べるのがいいでしょう。夕食でアマ二納豆を食ておけば、脳梗塞や心筋梗塞の多発時間である夜間や翌日の早朝に備えられるからです。

また、アマニ納豆を食べるときは、納豆の表面積が多い小さいひき割りを選び、賞味期限冊れ間近にとるのがいいでしょう。そのほうが、発酵によって生じるナットウキナーゼが多く補えて、さらに大きな効果が得られると考えられます。納豆とアマニ油は、栄養学的に見ても、血液をサラサラに保ち、動脈硬化を防ぐ理想の組み人わせといえるので、高血圧やロドロ血液体質が心配な人におすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビオロジックオイルズ 有機アマニオイル(229g)
価格:1500円(税込、送料別) (2016/10/11時点)

アマニ納豆の作り方

(1人分)

  1. 1人1 パック(約50グラムの納豆を用意する。小粒やひき割りを選び、賞味期限切れ間近に食べれば、納豆の血栓溶解酵素が多く補える。
  2. 納豆を50回以上かきまぜ、20分置く。
  3. 納豆にアマニ油小さじ1~2 杯を入れ、しょうゆかたれを少々、好みでネギやカラシを加えてさらによくまぜる。
  4. ご飯にかけても、そのまま食べてもいい。夕食時に食べれば、夜間や早朝に起こりやすい脳梗塞や心筋梗塞の予防になる。
This entry was posted in 降圧食品.