高血圧を下げて脳梗塞、心筋梗塞の予防も万全の発酵黒豆エキス

数多い有効成分の相乗効果で血圧が降下

現在、多くの人の健康を脅かしている症状が「高血圧」です。実際、日本国内で高血圧症になっている人は約3500万人ともいわれ、これは日本人のおよそ2.4人に1人に当たります。2人に1人という数値は異常です。国民病とも言えます。

高血圧を放っておけば、血管の壁がしだいに厚く硬化して、動脈硬化を発症します。そして、血栓(血の塊)ができやすくなって、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気の引き金となるのです。

そんな高血圧に悩む人にお勧めしたいのが、「発酵黒豆エキス」です。では、このエキスを飲用すると、どうして高血圧が予防・改善できるのでしょう。

血圧は、いくつもの調整機構の影響を受けています。そのなかで、血管の収縮にかかわっているのが、アンジオテンシン変換酵素(ACE)です。この酵素の働きを阻害すれば、血管が広がりやすくなり、血圧が下がります。

また、エキスに含まれる数多くの有効成分の相乗効果によっても、血圧が降下します。まず、黒豆に豊富に含まれるリノール酸やリノレン酸は、体内に入るとプロスタグランジンという物質に変わります。このプロスタグランジンが血液を浄化し、イソフラボンやサポニンなどの成分とともに、血液をサラサラにするので、血圧が下がります。

また、ビタミンEは血管を広げ、カリウムには高血圧を助長する過剰な塩分を体外に排出し、血圧を下げる働きがあります。

ミネラルのカルシウムやマグネシウムには、血管の筋肉をしなやかにする作用があります。そのため、血管が広がりやすくなり、血流が改善。サラサラ血になります。

そして、黒豆の皮に含まれるポリフェノール(色素成分)の一種であるアントシアニンには、体内の活性酸素を強力に除去する働きがあります。その結果、傷んだ毛細血管にしなやかさが戻り、高血圧や動脈硬化の予防・改善に効果を発揮するのです。

加えて、アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。そのアミノ酸が、発酵黒豆エキスには、一般の黒酢の2倍以上も含まれており、代謝を活発にします。たんばく質が分解される過程で作り出されるアミノ酸の一種ペプチドにも、血圧の上昇を防ぐ働きがあります。このように、発酵黒豆エキスは、血圧の正常化に多大な効果をもたらしてくれるのです。

発酵黒豆エキス

実際に発酵黒豆エキスで血圧が下がった方々の貴重な体験談はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください