柿酢」タグアーカイブ

昔ながらの製造方法にこだわった「ももとせ 柿酢」で血圧が下がった

柿酢で田舎のお袋を思い出した

私は、岐阜県に住む44歳の主婦です。 実家では、母が柿酢を手作りしていました。岐阜県といえば、昔富有という種類の柿の産地として有名で、生産量も和歌山県・奈良県・福岡県に次いで第4位です。

日本各地の柿の特産地域ては、柿から酢を作る習慣がかなり古くからあったようです。昨年の秋、店頭に並んだ柿酢の市販品(ももとせ 柿酢)を見つけました。

これを見ると、母を思い出して、懐かしさでいっぱいになりました。「母は若いころから病気知らずで、80歳になった今でもとても若々しいのです。母は毎日、朝食の時に柿酢を飲んでいたから元気だったんだなと昔を思い出し、私も飲んでみようと思いました。

私は血圧が高めで、そのせいか体のだるさに悩まされていました。そこで、コップに4分の1~5分の1程度の柿酢にハチミツを足したものを水で薄めて、毎日1杯ずつ飲みはじめました。

「ももとせ 柿酢」は製法にこだわっているようでしたが、実際に飲んでみると、口当たりも香りもよく、母の作っていたものとほとんど同じでした。

子供のころはすっばいのであまり飲んでいませんでしたが、それでも約20年ぶりの味わいに、再び懐かしがこみあげてきました。

だるさが消えて血圧も下がった

柿酢の効果は、すぐに感じました。私が柿酢を飲みだしてから1週間後には、30代からの悩みだった体のだるさがなくなったのです。それまで、朝起きるのもつらいことがよくありましたが、柿酢を飲みだすと、毎朝スッキリとさわやかに目覚め、起きるのもつらくなくなったのです。

これはすごいと思い、さらに柿酢を飲みつづけました。そして、20日後くらいには、血圧を測定してみると、140あった最大血圧が120まで低下していたのです。

驚くことに、体重まで、約1.5 kgも減少していました

体の調子がよくなったので、食事がおいしくなり、つい食べる量も増えてしまいました。でも、体重は全く増えないのが不思議です。

また、同居している主人の母が糖尿病にかかっているので、柿酢をすすめてみました。すると、だんだんと血糖値がゆるやかに下がってきたといいます。

私や母親の柿酢の効果を自分で体験してから、主人や子供たちも蓼酢を毎朝飲むようになりました。おかげで、柿酢を買ってきてもすぐになくなってしまいます。みんなで元気に健康になりたいと思います。

昔ながらの製造方法 株式会社源齋(ゲンサイ)の柿酢 ももとせ 柿酢

ももとせ柿酢

ももとせ柿酢