緊急に降圧が必要とされる高血圧緊急症(切迫症)

日常的に高血圧である人が、さらに急な血圧上昇を起こすと、体に重大な障害が起こることがあります。大変危険な状態のため、心臓または血圧の専門病院で治療を受けて血圧を下げなくてはなりません。

急に血圧が上がったらすぐに病院へ

高血圧に急激な血圧の上昇が加わると、脳や心臓、腎臓、大動脈などに重大な障害が起こることがあります。これを「高血圧緊急症」と言います。多くは180/120mmHG以上と、血庄が大変高い数値を示します。すぐに入院して血圧を下げないと、脳梗塞や心筋梗塞、腎機能障害などを引き起こす可能性が高くなります。高血圧緊急症を起こす痛気には、次のようなものがあります。

高血圧脳症

高血圧に急激な血圧の上昇が加わったために、脳の血流を自動調節する機能が障害される状態です。脳の中の圧力が高くなって脳にむくみ(脳浮腫)が起こり、意識障害や頭痛、吐き気、手足のけいれんなどの症状を伴います。
高血圧緊急症の中では最も重症で、適切な治療を施さ高血圧に急激な血圧の上昇が加わったために、脳の血流を自動調節する機能が障害される状態です。
脳の中の圧力が高くなって脳にむくみ(脳浮腫)が起こり、意識障害や頭痛、吐き気、手足のけいれんなどの症状を伴います。高血圧緊急症の中では最も重症で、適切な治療を施さなければ脳出血を起こしたり、死に至ることもあります。

大動脈解離

急激な血圧の上昇で、大動脈の内膜に亀裂が生じて中膜に血液が流れ込み、大動脈の壁が内側と外側に″「解離」して血管壁が裂ける状態です。突然発症することが多く、胸に激しい痛みが起こり、胸から背中、腰へと痛みが広がります。脳梗塞や心筋梗塞を合併することもあり、緊急に治療が必要です。特に心臓のすぐ上の上行大動脈に解離が起こった場合は、出血して死亡する危険が高いため、緊急手術が必要とされます。

高血圧性心不全

高血圧が続くと、心臓は非常に強い力をかけてたくさんの血液を全身に送らなければなりません。そのため、血液を送り出す左心室の機能が低下する「高血圧性左心不全」が起こります。
左心室から全身に十分な血液が送り出せなくなると、肺から心臓に血液が戻りにくくなります。すると、肺の中の血液量が増加して、毛細血管から血液成分が漏れ出して肺水腫を起こすことがあります。肺水腫になると、呼吸が苦しくなったり、頻脈などの症状が現れます。肺水腫が生じた高血圧性左心不全は、すぐに治療が必要です。

This entry was posted in 放っておくのは危険.