Archive for the Category: 血圧とは

心臓が送り出す血液量と末梢血管の抵抗が血圧となる

血圧が変動する要因の中で、特に重要なものlま、心臓から送り出される血液の量(心拍出量) と末梢血管の抵抗性(末梢血管抵抗) です。このほかの要因には、血液の粘りの程度や血管の弾力性、体内を循環する血液の量などがあります。 […]

Tagged Leave a comment

日中高くなり、夜間の睡眠中は低くなる

血液が休会体にバランスよく巡るのには、自律神経が深く関係しています。体も頭も活発に働く日中は、自律神経の交感神経が活発に働いて血圧が高くなります。また、睡眠中は副交感神経が働いて、血圧は低くなります。 血圧は活動量応じて […]

1 Comment

収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)

血圧には、血管壁にかかる圧力が最も高い状態の「収縮期血圧」と、最も低い状態の「拡張期血圧」があります。高血圧の診断には、どちらか片方だけではなく、両方の値が欠かせません。 高いほうの収縮期血圧(最高血圧)と低いほうの拡張 […]

Leave a comment

血圧は、心臓が血液を全身に送るための原動力

体のすみずみまでに栄養と酸素を送り届けている血液は、心臓のポンプの働きによって全身を巡ることができます。 心臓が血液を送り出すときに血管壁にかかる圧力が血圧で、血圧は血液が体中を循環するための原動力です。 心臓はポンプの […]

Leave a comment