Archive for the Category: 自分で改善できない場合の治療

高血圧以外の病気がある場合の合併症はそちらも考慮される

高血圧だけでなく、ほかの生活習慣病を併せ持つメタポリックシンドロームの人も少なくありません。合併症がある人では、それぞれの病気が考慮された治療薬が使われます。 それぞれの病気を考慮した治療薬が選択される 以下のような合併 […]

Leave a comment

処方された服用法は厳守しないと効果がわからない

降圧薬に限ったことではありませんが、薬には決められた服用法があります。正しい服用法が守られないと、十分な効果が上がらないばかりか、体に有害なことがあります。また、自分の判断で薬をやめてしまうことも危険です。 降圧剤は勝手 […]

Leave a comment

代表的な降圧薬の種類と作用、副作用

血圧が上がる原因はさまざまです。モのため、降圧薬は種類によって、さまざまな作用を持っています。降圧薬の主なものには、次のような種類があります。 カルシウム拮抗薬 最も広く使われる血管を広げる薬 特徴 カルシウム括抗薬は、 […]

Tagged Leave a comment

降圧剤の選択は年齢や合併症などを考慮してから行われる

日本で主に使用される降圧薬には、カルシウム桔抗薬、アンジオテンシンⅡ(AⅡ )受容体措抗薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、利尿薬、β遮断薬、∝遮断薬があります1モのなかから、患者さんの状態などに応じて最も適し […]

Leave a comment

薬物治療の目安は、高血圧の程度心血管病のリスクによる

血圧が高いからといって、すぐに薬による治療が必要となるケースばかりではありません。軽い高血圧の人では、生活習慣を改めても降圧目標値まで血圧が下がらない場合、薬による治療が開始されます。 高血圧の程度と心血背病のリスクで異 […]

Leave a comment