ストレスを上手に解消するために心身のリラックスが重要

ストレスはため込む前に、上手に発散してしまうことが大切です。まずは、仕事上でのストレスを減らして、心身をリラツクスさせること。自分なりのリラックス方法で、効果的なストレス解消法を身につけましよう。

仕事上で発生するストレス

一般に、職場にいるだけで正常血圧値の人でも、10mmHg程度は血圧が上がるとされています。また、仕事時間が長いほど血圧は上がりやすく、心筋梗塞や脳卒中の引き金にもなります。1日の労働時問が11時間の人は、7~8時間の人に比べて心筋梗塞を起こす危険性は2倍以上になるとも言われています。仕事のストレスを小さくするには、疲れがたまらないうちに一休みして、深呼吸やストレッチをするのが効果的です。また、通勤時のストレスを軽くするために、満員電車を避けて早めの電車に乗るなどの工夫も大切です。

ストレスを発散してリラックスするために

休むより動いた方が、体の疲れはとれやすいものです。仕事の後は家でゴロゴロするよりも、10分でもウオーキングした方が、体内にたまった疲労物質の乳酸が減るので、疲れを翌日に残さずにすみます。
軽く体を動かして効果的に体を休めましょう。休日のまとまった時間は、自分の好きな趣味に没頭する時間を作りましょう。
また、忙しい毎日の中でも、ちょっとした時間を有効活用してストレスを発散することが大切です。気持ちの安らぐ時間を少し持つだけでも、心と体がリラックスできます。また、ストレスを受けるとビタミンB1やビタミンC が失われがちになります。カルシウムが不足するとイライラしたり精神的に不安定になります。これらの栄養素を含む食品をたっぷりとって、ストレスのダメージを減らすことも大切です。

仕事でのストレスを減らす方法

職場の環境によってはとても対応できないものもありますができる限り努力するとストレスがずいぶん軽減されます。

  • 仕事に追い込まれないよう、すべきことを書き出して優先順位をつける
  • 人に任せられるものは頼んだり手助けを頼む
  • スケジュールに余裕のない仕事は断る勇気を持つ
  • 定時に仕事を終える。どうしても終わらない場合は残業を早朝出勤に切り替える

いらいらを和らげる食品を摂る

ストレスを和らげる栄養素が多く含まれている食品には、次のようなものがあります。

  • ビタミンB1 …米、豚肉、牛レバー、納豆、しいたけ、落花生など
  • ビタミンC…いちご、パセリ、緑茶、じゃが芋など
  • カルシウム…牛乳やチーズなどの乳製品、ひじき、しらす、切り干し大根など
This entry was posted in 自分で改善するための知識.