たばこは高血圧の大敵、すぐにやめるべき

タバコは「百害」どころか「百毒」とさえ言われています。吸っている本人だけではなく、周りの人たちにもその「毒」をまき散らすタバコとは、この際きっぱり縁を切りましょう。現在では、効果的な禁煙補助剤もあります。いいわけをしないですぐにやめるのが賢明といえます。すぐに禁煙を目指す方はこちら

喫煙量が増えれば病気のリスクも比例して増える

喫煙が動脈硬化をはじめ、さまざまな病気を引き起こすことはよく知られています。アメリカの有名なフラミンガム疫学研究では、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、狭心症や心筋梗塞になる危険性は2~3倍、死亡率は5~10倍も高いというデータがあります。

もう1つ忘れてならないのは、喫煙をするとその害が周りの人へも悪影響を及ぼすことです。タバコを吸う人の周囲にいる人は、たとえ自分がタバコを吸わなくても、受動喫煙によって循環器病やがんになるリスクが高められてしまいます。喫煙は血圧の上昇だけでなく、1本吸っただけでも心拍数を増やします。すでに狭心症などの心臓病がある人は、絶対に禁煙するのが鉄則です。もちろん心臓病がない人も、健康に有害なタバコは今すぐにきつばりやめるべきです。

禁煙補助剤も活用する

禁煙を成功させるためには、「絶対タバコをやめる」という、本人の強いい決意が必要です。しかし、禁煙を確実に成功できるのは至難の技という人も多いでしょう。そのような人が成功率を高めるためには、医療機関や保健所に相談することをお勧めします。

専門家による禁煙指導を受けたり、ニコチンガムやニコチンパッチといった禁煙補助剤を用いると、効率よく禁煙ができます。禁煙補助剤はニコチン切れによるイライラを和らげるよう、多少のニコチンを含んでいます。しかし、タバコに比べて循環器への悪影響は大変少ないものです。すぐにでも禁煙したい、あるいは禁煙したいがどうしても成功しないという人にお勧めです。

専門家のサボートが受けられる禁煙外来も

医療機関で専門家から禁煙のためのサポートが受けられるのが、禁煙外来です。現在では日本各地に禁煙夕悌を併設している医療機関があります0 ただし、曜日や時間が決まっており、予約が必要なところが多いので、受診の前に問い合わせが必要です。

禁煙外来についてはこちらに詳しい専門サイトがあります。

This entry was posted in 自分で改善するための知識.